フローラルでクリアな木の風味、乾燥した木材のようなアロマ、甘さの中に若干の塩味があるテイスト、薄い琥珀色(ライトアンバー)が特徴です。アストゥリアスはスペイン北部で最大の栗の木があり、人々にとって栗の木は「パンの木」として大切にされてきました。鉄分が豊富で独特の風味をお楽しみいただけます。



2016年11月「スペイン国内養蜂会議最優蜂蜜受賞」

“LA PUELA”の創業者であるアルフォンソ氏は、1941年当時「ミツバチの司祭」と言われていた牧師から養蜂について学んだことをきっかけに、はちみつの採取をはじめました。

“LA PUELA”の蜂の巣はアストゥリアス州の西(Allande, Cangas del Narcea, Ibias and Tineoの森)にあります。このエリアの森は人口が少なく、豊富な植生があり環境汚染とは無縁の場所です。また、ヒグマの生息する地域としても有名です。

我々の長い養蜂歴史の中で、蜂の巣は森に出没する熊よけの為の「cortin」(コルティン)と呼ばれる石の壁で保護されていました。LA PUE LAでは、この伝統的なコルティンに守られたハチの巣を大切に保存、保有しています。




酸性の土壌、種類豊富で豊かな植物、養蜂において良好な気候は、高品質な蜂蜜を採取するための素晴らしい条件を満たしています。蜂蜜は全て、この森にある約3,000箱のLAPUELA社独自の蜂の巣より採取しており、養蜂家による定期的な点検のほか、IT技術を使った遠隔監視にて巣箱の状態を、分単位で常に監視。最高の状態で採取した蜂蜜は、最新の自社工場施設にて、丁寧に抽出・包装を行います。100%ナチュラルな ありのままの蜂蜜の味と香りを、最大限の鮮度でテーブルまでお届けできるよう、プロセス全体を注意深く見守っています。