Staff

加藤美緒 かとうみお mio  kato
2 bananeira. ドイスバナネイラ/オーナー

ベジ料理家 / グラフィックデザイナー  /カラーセラピスト
https://www.instagram.com/mio_dois/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

1976.8.31(野菜の日)札幌生まれ。日本体育大学・水球部だったの父と、ヨガ講師だった母の元に生まれ、幼少よりバレエやダンスがアイデンティティーに。その後、日本女子体育短期大学の舞踊専攻入学のため上京。その後、12年間のオーガニック総合商社勤務(広報/デザイン担当)で、オーガニックコスメ・有機JAS認定食品・マクロビオティックについての知識を深める。プライベートでふるまった野菜料理が好評だったことをきっかけに、会社を辞めてオーガニックカフェ業界に。「サンズマーケットカフェ」「ベジクエル」「菌カフェ753」を経て、2017.3.13に、「2bananeira. ドイスバナネイラ」をオープン。人との縁を大切にしながら”ポジティブでハッピーなヴィーガンの啓発”をミッションとして、循環と調和、幅広い「健康」について模索する日々。

Side stage:カポエイラ、武術太極拳、ヨガ
奥田民生さんトリコ歴17年、二児の母

Maniac info: 誕生数8。kin215。六白金星。子丑天中殺。
Apelido=Turquesa(トルコ石)Ninja-nane=夢空(むくう)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

有機JASマーク規格がまだなかった頃に、なんとなく面接を受けたのが「株式会社ミトク」というオーガニックの総合商社でした。その会社にオーブリーオーガニクスというナチュラルコスメの営業として入社し、全国の自然食品店をまわりながら、各地の店主さんからマクロビオティックに関する知識をいただいたり、化粧品の全成分表示がはじまった2001年前後は、ハーブの効能や化粧品に使われる合成化学成分について深く追求しながら、ソニープラザや東急ハンズの化粧品担当バイヤーさんと商談するを日々を過ごしました。その後、出産を機に広報+デザイン担当としてのポストにつき、PRおよび各ブランドのカタログ製作、通販カタログ製作、コピーライト、パッケージ・ラベルデザイン、メルマガ配信などをしながら、だんだんと表にでるようになっていくオーガニック業界にずっと携わりつづけ、勉強させてもらえたことが、今のすべてにつながっている気がします。

「もっとダイレクトに、リアルに、オーガニックのよさを拡められる場にいたい」という想いが高まってミトクを退社後、あざみ野の「サンズマーケットカフェ」というオーガニックカフェの立ち上げに携わることに。2年間店長を務めつつ、キッチンでひたすら野菜と向き合ってきました。料理は独学…「目のまえにある野菜が、己のよさを最大限に発揮できるシンプルな料理」をテーマに、ミトクでの12年間や、いままでの人生で自分なりに落とし込んだ、モノ、コト、ヒト。理論と感覚。偏りすぎることのないバランスと本質の見極め。そんなものを「えいっ」と料理に込めることと、野菜そのものの持つパワーに助けられ、2015年(有)クエルクスに入社し、「畑に出向いて自ら収穫した自然栽培野菜を料理する」というコンセプトのヴィーガンカフェ「ベジクエル」を立ち上げさせてもらえることに。週に2〜3回畑まで足を運び、日本の素晴らしい四季、旬野菜が持つ想像を超えたパワフルさを体感しながら一年半シェフを務めたなかで、中山の古民家カフェ 「753 Cafe/ Shop/ Gallery -菌カフェ753-」のリニューアルの際には、コンセプトワークやメニュー立案をさせていただきました。

その後、自家菜園の再構築のためベジクエルが長期休業することになったタイミングで退社し、バナネイラをオープン。現在に至ります。

 

自然と人が繋がるようにイメージしながら、料理すること。
人と人…人と自然が調和するために、自分ができること。

バナネイラをきっかけに、オーガニックが、ロハスの波が
これからどんどん増長していきますように。

2017.6.23 かとうみお

 

 

中西弘章 なかにしひろあき hiroaki nakanishi
2bananeira./ シェフ

東京都出身。飲食店を家業とする家に生まれ、高校時代より飲食店でアルバイトをしながら調理師学校で西洋料理を学んだ後、単身渡伊。帰国後、渋谷のイタリア料理店「ビゴロッソ」の開業メンバーとして活躍後、師匠の植竹隆政シェフより伝えられた「ニンニクやバターを使わない、素材の風味をいかした料理」を、都内のさまざまなイタリア料理店に還元していく。その後、三宿とたまプラーザで、いずれも友人とともに店舗を立ち上げる。 2016年からは愛犬の介護のため在宅でスピニングガレージ※のWEB関連の仕事をする傍、当時「ベジクエル」を任されていた加藤のサポートをすることに。その後「バナネイラ」のシェフとして、ヴィーガン料理のをたくさんの人に知ってもらいたいと、イタリアンで培ったさまざまな引き出しを利用し、妥協せず邁進している。

【カマラーダになったきっかけ】(カマラーダ Camarada = 葡:同志・戦友)
加藤が保護犬を飼いはじめた2015年に、ドッグランでベジクエルのサポーターとしてスカウトされるが、一旦は断る。 しかし、ベジクエルの「自家製豆乳ヨーグルト&グラノーラ」のトリコになり、ヴィーガン料理という分野に興味をもち、常連客となる。 その後、中山の古民家カフェ 「753 Cafe/ Shop/ Gallery」のリニューアルの際に再度アプローチされ、数年ぶりに包丁を握る覚悟をする。野菜料理だけではなく奇抜なスイーツでも人々を魅了する、バナネイラにとってなくてはならない存在。

Side stage:ブラジリアン柔術、カポエイラ、カメラ、自動車整備士※(スピニングガレージOB)、草レーサー(ゴルフカップ2012年S2クラスシリーズチャンピオン)

Maniac info: 誕生数1、kin76(絶対拡張kin)、八白土星、辰巳天中殺
Apelido=Puffin(ペンギンみたいな鳥)、Ninja-nane=玄菜(げんさい)

 

小林奈央子 こばやしなおこ naoco kobayashi
2bananeira./ コミュニケーションマネージャー

横浜市出身。多業種異職種を経て、大手アパレル会社にて経理事務に従事。その後、不妊治療を経ての妊娠・出産の経験…「助産院(バースあおば)」の助産師さんや妊婦さんとの出会いが、自身のカラダと初めて深く向き合い、さまざまな意識やライフスタイルを変えるきっかけとなる。産後は、パパやママ、プレママや妊活中の方々がゆるく過ごす”場”を提供する「ふわかん」を主催し、歯科医を迎えての講習会やヨガイベント、おやつ作り会などを実施。また、自身が共感できる地域の店舗をあつめてのマルシェ「のす市」を開催し、地域の同世代の子供を抱えるママたちに、手仕事やエコロジー、食の大切さなどを伝える活動を行う。2019年より、モンテッソーリ教育の幼稚園を我が子のステージとして選ぶと同時に、バナネイラにてコミュニケーションマネージャーとして勤務。バナネイラの目指す「”食”を通して、まずは自分の心と体のことから。その先で、地球や未来について考える。そんな気づきのきっかけとなる”地域のメディア”」を叶えるべく、バナネイラと地域との架け橋となる活動について、加藤と作戦会議中。

【カマラーダになったきっかけ】(カマラーダ Camarada = 葡:同志・戦友)
元・バナネイラ応援団(常連さん)。はじめての来店は、ベジザンギのテイクアウト。その後、このプロフィール欄の”kin”をみて「どなたかマヤ暦好きなんですか?」と鼻息荒くやってきた際に、加藤がマヤ暦を知るきっかけとなったのが、彼女の息子をとりあげたバースあおばの助産師さんだったということが判明し、興奮がピークに。(この同日の昼間、その助産師さん(のんちゃん)がはじめてバナネイラに来店していたというミラクルも。)その後、足しげなくバナネイラに通う傍、現在オーストラリアに移住した元バナネイラカマラーダ「humming bird/まゆみちゃん」を紹介してくれたのも彼女だったり、バナネイラも彼女が主催した「のす市」に出店したりと、さまざまな人を繋いでくれたり、勝手に宣伝してくれたりと、ほんとうに自然にカマラーダに就任。溢れるバナネイラ愛をもって、ホールでも外でも、大活躍中。

Side stage:マヤ暦・占星術、縫製、「ふわかん」主催(子育て世代がゆるく過ごす場づくり)、一児の母

Maniac info: 誕生数6、kin197(黒kin)、三碧木星、子丑天中殺

 

千葉景子 ちばけいこ keico chiba
2bananeira./ パティシエ

福島県・会津若松市生まれ。高校卒業後、パティシエになる夢を目指して上京。(株)サンジェルマンに就職し、渋谷東急本館「ドゥマゴパリ店」のケーキ製造を担当する。その後、活躍の場を(株)プレジィールに移し「グラマシーニューヨーク」「ジョトォ」「バズサーチ」「キースマンハッタン」などのブランドケーキ製造に、関東地区厨房責任者副長として9年間携わる。現在は子育てのため、同社でパートとして勤務する傍ら、バナネイラという新境地で、これまで培った技術を「ヴィーガンスイーツ製造」に還元しつつ、パティシエとしての仕事の引き出しを広げている。

【カマラーダになったきっかけ】(カマラーダ Camarada = 葡:同志・戦友)
加藤とは従姉妹。サンズマーケットカフェ時代に菓子製造販売をはじめられたのも、彼女の存在があったからこそ。札幌と会津で生まれたのに、それぞれ上京し、昔から同じ沿線に住んでいるというミラクル。(ちなみに加藤の父が彼女の父の弟で、兄弟は見た目はツインズのようだけど、性格は全く異なる。)

Side stage:スノーボード、一児の母
Maniac info: 誕生数2、kin260(黒kin)、五黄土星、子丑天中殺