「ミオタロ」スタート

実は、7月〜8月にかけて、スピスピしていない、辛口でサッパリとした、でもめちゃくちゃ教養も実績もある魅力的な女性から、タロットをご教授いただいた。

きっかけは、バナネイラの猿田彦大神を描かれた堀内亜紀さんが手がけられた幻のタロットカードの存在。

素敵すぎ貴重すぎなタロットカードと… タロットを熟知されている方が同時に目の前に現れ。そしてそこに、タロットを知りたい!という方も同席。そうなると、そこからスルスルと話はすすみ、結果、男:女 4:5が集まり(婚活ではありません。しかも、タロット講座にこんなに男性が集まるなんてない!と先生にいわれたり)バナネイラから9名のタロッティストが誕生した。

というわけで… 2期生のゆるい募集と合わせて、バナネイラにてお試しタロット占いを始めることに。(略してミオタロ!)とりあえず50名まで、15分1コインで。それ以降は、自分のハートに聞いて決めようと思う☺︎

今回タロットに触れてみて、、
これって「占い」じゃないなぁって思い。

ダ・ヴィンチ・コードじゃないけど、絵柄に秘められる歴史的背景や文化、暗号めいたシンボルを読み解いていく感じが、ものすごくスリリング。しかも自己セラピー効果もあって、それはカラーリーディングや数秘にも繋がる。

目の前に現れたカードを読み解くと、ループ気味に自分を妨げてくる無意識的にある概念や、隠れた不安とか懸念がチラリと見えたりする。で、自分でそれに気づくことで、よりよい人生を進むために必要なことが明るみになって、潜在的にある自分の可能性を知ることができる。

カードをとおして潜在意識にアクセスできるイメージはカラーリーディングとおなじだけど、タロットの方が絵柄があるぶん、リーディングされる側にとっては、心の底の方に気づきやすいかも?

タロットのなかには、宇宙全体とおなじくらい大きな、森羅万象を網羅する装置?があると唱えた人もいて、文字で表現すると何冊にもおよぶ複雑な観念が、何枚かのカードの組み合わせで安易に腑に落ちたりする。

そして、タロットのいいところは、そんな深いところまでいかなくても、例えばAとBの選択があるときに。迷う… というのは、ミオタロ的には、実はどっちに決めてもよかったりすることだったり、またはどちらも一長一短だったりすることだと思う。

例えるなら… 住む場所を探していて、こっちは駅近だけど家賃が高い。でもこっちは駅から遠いけど広くて家賃も安いんだよなぁ…みたいな。

そんな時、タロットカードを通して、より具体的に「こっちを選ぶとこんな感じ!」っていうのがみえてくると思う。それで清々しく決められたりするところも素敵だなぁと思う。

9.27「ミオタロ」デビュウのカード
Ⅲ 「女帝」

クライアントさん第1号は、ベジクエル時代からの常連さんで、バナネイラをこよなく愛してくれている女性。

カードに問題点を質問して、出たのがこの女帝の正位置…
うーん。イメージ的には何かの逆位置がでてきてくれると思ったから、最初はどういうことだ?… はて… と思ったけど。

「ピン!」

あ、これは、彼女自身のことじゃなくて、アーユルヴェーダそのもののことだ!!と思ったら、スルスルと流れるようにでてくるコトバと同時に鳥肌が。おお。鳥肌が立つってことはきっと正解だね? それを証拠に西窪さんも納得しているじゃないか!!やったーやったー…

濃ゆすぎる6日間

9.22(日)

憧れの女性からのギフトで、白鳥哲監督によるトークショー付「蘇生」の上映会に行ってきた。ほぼ「スサナル」につながることだった。地球再生… 念をおされた気分。

環境問題はもうとっくに「意識高い系」とかそういうんじゃなく、ほんとに深刻なこと。利権のために平和ボケさせられてることを、改めて痛感した。できることから、ひとつずつ。

わたしたちには地球の未来への責任がある。

最前列でみた白鳥さんは、なんか、限りなく透明に近いスプリンググリーンだった。愛が溢れてた。

(早速フォローした「蘇生」のページがアップされたと思ったら、写真にうつっててびっくり)

9.24(火)

レイラインハンティングの第一人者「内田一成」さんのトークセッションにいってきた。

聖地。結界。太陽信仰。
今日もまた、興味深すぎる世界が拡がった。

みえない世界が圧倒的に繋がって、目の前に現れるとき。

これからはもっと、方角とか星とかを意識してみようと思う。そしてそれ以上に足りてない、数字とかどんぶり勘定のほうも、地に足をつけてちゃんとしようと思う。

 

9.26(木)

鳩栗庵さんから「イベントでのお弁当を…」と頼まれ、どんなイベントかうかがってみたら。以前よりいろんな人から「観て!」といわれてきた「美しき緑の星」の上映会だったので、納品だけではなく参加させてもらうことに。

しかも… そこにはガイアシンフォニーのKNOBさんも。
そして、映画は、菅順一さんによる「抱っこスピーカー」での鑑賞。

KNOBさんのディジュリドウは… 耳ではなく、自分の内側からきこえるみたいで、なにかを思い出しそうになった。

抱っこスピーカーによる「美しき緑の星」は… 発禁に追い込まれたっていうのに納得。みんなが接続解除したら困る人たちの手によってそうなっているんだと。これは素晴らしい映画すぎて、活字になんてできないので割愛。

 

9.27(金)

鳩栗庵さんに納品に伺ったら、そこにはうさと服デザイナーのうさぶろうさんの姿が。もうなんというか…あふれる福!!
うさぶろうさんにバナネイラのお菓子が渡り、感無量。

 

一年分のダイジェストみたいな、濃ゆい6日間…

来月のアキーラさん、アイヌ刺繍・マキコさんまでこれが続いたら、濃ゆすぎるエネルギーに倒れてしまうかも…?

 

 

とくするカラダ

シェービングクリームみたいな雲。

長女が撮った写真なのだけど、いまだにちゃんと雲がなんなのかわかってないし、飛行機がなんで飛ぶのかとかもわからないし、目の前にみえている世界は全て幻想っていうのも未だによくわからないけど、現実は私もほんとにマトリックスみたいに、カプセルの中に眠らされて培養されて映像をみせられてるのかもしれないとも思う。

心があって、カラダがあって。
で、人のカラダから生み出されたという真実もあって。

カラダは目にみえるけど、心はみえない。
そして自分で感じられる心もあれば、
自分では気づいてない心もある。

グレートマザーみたいに全てを生み出すチカラと包容力を持ちながら我が子を呑みこむ暗黒面もあったりする鬼子母的な神話は、きっとそういう、誰もが持ち合わせている心の部分で。そこに気づくことが必然で、そのためにカラダをもって生まれてきていたりしてて。

だからきっと、この雲が在ることも必然で意味があって。それと同じように、ひとりひとりの存在にもほんとに意味があって、ウルトラマンでいうと3分間という決められた時間内に敵を倒すことで地球のみんなを守れるか… そんな、生まれる前に自分で決めたテーマを、このカラダが老朽化してしまうまえに… いや、老朽化してみえなくなっても、エドガーケイシーさんや晴哉さんみたいな凄い方々もいるからそうでもないけど、まあ、とにかく、すべてが幻想だとしても、後悔のないように今ここでできることをしたいなと思う。

寿命が80歳だとしたら、もうわたしは1分35秒くらいの時間をつかってしまってるし、もしかしたらもう30秒くらいしか残ってないかもしれないし、まだ自分が決めたテーマすら忘れちゃってるかも知れないのに、もうピーコンピーコン鳴ってるかもしれないから、とりあえずそんなことを思いながら、これから「蘇生」を観てきます。白鳥哲さん、初体験。

淡路島からきたスサナル

昨日は淡路島から「スサナル」というパワフルな発酵液をひっさげて、素敵な方々がバナネイラに。

結論からいうと… バナネイラを始めてからの数えきれないほどの強烈なシンクロたちは、本当に微生物の働きなのかも知れないなと、そんなシンクロの集大成みたいだった昨日、改めて強く思い。そしてこの、創造神話発祥といわれる淡路島で生まれた野草や古代の土、海藻を培養した発酵液(=微生物の塊)が、こうやって巡り巡ってわざわざバナネイラまで来たんだから、もうそれは拡散する場になるしかないでしょ… はい、なります… と、効能効果は置いておいて、微生物たちの意のままに、この「スサナル」を大量購入しました。

誰かのことをふと思い出したら、その人から電話がかかってきたとか、会いたいと思った人と、ありえない場所でばったり会ったとか。そういうことが全て微生物の仕業だと?

わたしたちの意思とは関係なく、出会うべき人とは、先に微生物同士がつながって、引き合わされている?

そんなことをはじめて聞いたときは、正直全然ピンときませんでした。微生物のことも全然知らなかったし(いまもよくわかってないけど)自分のカラダはびっしりと微生物を纏っているいうことも考えたことなかったし。

でも。
これまでの自分の流れ… 秦野という土地が繋いでくれたもの。藤が丘。宮崎。琵琶湖。三鷹。中山。寺家。そして去年からじわじわと繋がっていたっぽい、今回の淡路島。

今まで起こったシンクロはぜんぶ書ききれないけど… 昨日一日だけをとっても、まず中山のはるちゃんから話がきて、蓋をあけてみたら、去年ヤスコさんが繋げてくれた「スサナル」をつくった洋平さんのキャラバンだったこと。しかも昨日、ヤスコさんと同じ日に初めましてだったうさぎさんもバナネイラにいたこと。たまたま忍者で山伏で鍛冶屋狂の岩切さんも来たと思ったら、このキャラバンは昨日、刀鍛冶の方のところに訪れていたこと。兵庫で生まれて淡路島に移住し、今回のキャラバンの手伝いをしてる光さんは、わたしが尊敬してやまない兵庫在住のジョーのヘンテコ音頭に感銘を受けてつながり、光さんもりょうすけさんもヘンテコ音頭を踊っていたこと。洋平さんが淡路島に移住する前は三鷹に住んでいて、わたしの武術太極拳の師の大友さんが営む「やさい村」の常連さんだったこと。夜に、その大友さんを紹介してくれた米山さんが腹ペコで訪れたこと。以前、店頭で彷徨ってた女の子をバナネイラで保護したことがあって、そのママが昨日「スサナルって見て… わたしの友人が洋平さんと友達で… 」と訪れたこと。以前バナネイラを検索で知って訪れてくれた方が、実はイヤシロチ66の奥の田んぼで自然農活動をしていて、前日にキャラバンのことを案内したらなんとれいわ新撰組の街宣車で訪れてくれて、みんなに彼女が考案したオリジナルのれいわ缶バッチを配ってくれたら、ヤスコさんは既にそれを新橋で知り合いから貰っていたこと。そしてもうひと方キャラバンを手伝っているケイコさんが、わたしが2年間教わってるアシュタンガのmomo先生と繋がっていたこと。(しまった、一日だけで書ききれなかった… 漏れてるかも…)→発覚したので追記: この二日前に、鳩栗庵の栗原さんに託されたカレンデュラも淡路島から来ていた!

というわけで、そんなのをみせつけられて、この「スサナル」を拡めないなんて選べませんでした。(もちろんなにより、今書いた全ての方々への尊敬と信頼があるが故のことですが…)

「スサナル」とは、多数の薬草を含む植物から集めた微生物と、古代の土の微生物を培養した、元々は農業用の発酵液。農業を通じて大地の蘇生をし、それに関わる水が「生きた水」に戻ることを意図して培養されたそうです。

そして最近、この発酵液が、美容液として、足湯、入浴につかうなど、人体にも抜群の効果があり、肌の調子が整うだけではなく、体調もすこぶるよくなること。さらにパートナーシップにも抜群の親和性があることが判明し、今回のキャラバンに。

そして、そのきっかけになったのがここ。

多目的ゲストハウス Musubi 淡路島
https://giftshare.wixsite.com/musubi

ギフトで繋がる人と人…

人間だけが、ただただその場その場の特定の相手とだけ、対価を交換するという世界で生きている。自然界にはそれはなく、微生物たちがいっしょうけんめい地球(土)をととのえ、植物を生やし、虫たちの糞だったり、ときには我が身をさしだして、地球全体を守っている。だから循環する。人間だけがその循環を止める存在だったりする。

そんな世界を変えるには、農だけのフィールドではなく、まずは人を変えないといけない。それには… 人のカラダにびっしりといる微生物を変化させないといけない。そして、地球上にいれば、たとえ離れていても微生物を介して交流ができる。自分たちがやっていることは、いのちが望んでいること…

そんなマインドで今回のキャラバンに望んだ方々が運んでくれた、淡路島からのギフト「スサナル」。

これから、わたしなりに、どんな風にこの微生物たちを拡めていくかを、ゆっくり考えたいと思います。(とりあえず、バナネイラで購入できます)

 

繋がりで拡がっていく世界に… わたしのまわりのステキな人たちに…(もしかしたら微生物たちに)昨日も感謝しかない一日でした。

ながながと、おわり。

831パフェからの回想

 

「コンポートしたらナスはぶどうっぽく、バターナッツはマンゴーっぽく、白きゅうりは梨っぽくなるはずだから、それをココナッツ味にして」
「かぼちゃはアイスに、マンゴーはシャーベットに」
「紫じゃがいもはクリームに」

そんな一週間前くらいのわたしのザックリをオーダー票にメモ書きして、831の日の前日にシェフがキッチリとかたちにしてくれてできたのがこの831パフェ。(写真はその前日、試食しているわたしを、ちょっと緊張ぎみにチラ見しているシェフ)

若い頃からずーっと飲食店のキッチンにいて、未だに大使館から料理の要請があるシェフとの出会いは、あざみ野のドッグラン。わたしはベジクエルを立ち上げさせてもらってすぐ位のタイミングだった。

かねてから、引き出しのたくさんある一流のシェフがヴィーガン料理をつくったら、それはそれは素晴らしいものになるにちがいないと思っていて。ヨーロッパなんかはそうじゃないですか。でも日本にそんなお店がなかなかないのは、ヴィーガンとか自然食が「特別な食事=カラダにいいのかも知れないけど高い割にざんねん」っていうイメージが強くて、集客できずにすぐ閉店してしまうからだと思う。

そんなところから… きびだんごもなく鬼退治?について来てくれることになったシェフが、これまでのイタリアンのシェフとパティシエ時代の引き出しをバナネイラで惜しみなくヴィーガン料理に還元してくれることになったので、わたしは要望だけつたえて料理はせずスコーンだけ焼いて逆立ちして、デザイン業でバナネイラを支えつつ。

その原動力は… バナネイラが大好きだといって足を運んでくれている人たちとの繋がりと、バナネイラがあることが大前提でのその拡がり!ほんと、これに尽きる。これは自分でお店を持ってみて、はじめて感じられたこと。

あれ… パフェのこと書くだけのつもりが、長々なっってしまった。「バナネイラを必要としてくれているみなさんのために!」なんて絶対いわない。だってきっと、わたしが誰よりバナネイラを必要としているから!!だからこれから階段をのぼって、栗のスコーンを焼く!!パフェの提供は本日がラスト!!おわり!!

みえるもの みえないもの

わたしが生まれてからずっとあたりまえにそうだった「目にみえるものだけが確かなもの」っていうのは、じつはとっても近代的な感覚で。

人はずーっと昔から、目にみえないものを感じながら、敬ったり、崇めたり… ときとして畏れたり。そしてなにより、それをとても身近な存在として生きてきたのだよな、と。

今のわたしの、その「みえないもの」を感じる唯一のバロメーターは「鳥肌」。(特に、自分が発するコトバに対しての)

そんなことに気づいた(思い出した?)これからは、みえない世界の無限大のパワーを感じながら、物質世界とのバランスをとっていくことが大切だな、と思う。

「生かされている」ということ

自然農であれ、無農薬・無化学肥料栽培であれ、人が手を加えないとできない野菜づくりは、その量はおいておいても、どうしても原生生物の命を絶ってしまうことになる。イヤシロチ66 の活動中、冬眠中のカエルやミミズを鍬で傷つけてしまうのを目の当たりにしたときにそう思った。

人が食べられる、自生する植物が豊かに育つ環境そのものを絶ってしまった現代では、限られたスペースで、人の手を加えて効率よく野菜をつくらないと、とうてい人は生きていけない。そして結局は「他の命の犠牲」によって、人は初めて生命活動を行えるんだという、根本的な真理に気づいてしまう。

命の重さを全部同じだとすると… たとえヴィーガン食であっても、そのお皿にある野菜たちが慣行栽培でできた野菜であるなら尚更、その野菜たちは原生生物の命を奪ってそこに在るのだということを頭に据えて食事をしたいと思う。そして、そういう観点から、動物愛護的思想から主に畜産業だけを悪とする考え方は、それはもう、ほんの一片のことで。それなら… もし、生き物をひとつの命としてカウントするのであれば、大きな動物の肉をみんなで分け合って、骨も皮も毛もすべて無駄なく生かしづつけ、その尊い命をいただくことに日々感謝しながら、生かされていること… 手をあわせて「いただきます」という方が、倫理的に叶っているのではないかとも思うし、それがハラール的な考え方につながっていたり、昔の人たちはそういうことをあたりまえに思い、無駄な殺生はせずに命をつないできたのだな思う。

だからわたしは… 農薬や化学肥料がないとできない農業をすすめる国。種の独占。過剰な畜産。汚染された水を直接海に流すこと。フカヒレ。フォアグラ。象牙。ソーラーパネル。(…キリがないのでこのへんで)そういう、人間のエゴだけで進んでいることに対して、激しい憤りを感じる。マウナケアのことも、あれはもう、小さな戦争だと思っている。戦争とは人のエゴからはじまるから。

人間が地球のトップにいるように錯覚しているけど… わたしたちはまだかろうじて地球に生かされている。でもこのまま環境破壊を続けて、地球にとって人間がガンだと認識されたら、排除されるのはわたしたち。

バナネイラは小さな飲食店だけど…食を変えれば心がかわる。ほんとうに大切な根本に気づく第一歩が、食。そんなことを信じながら、まだ神さまに強く守られていると思える、きれいな水がまだかろうじて残っている土地でできた野菜を通じて、ひとりでも多くの人の意識が内側からかわるような、そんなひとつのメディアで在りたいと思っています。

高田宏臣さんとの出会い

「ダーチャ」という言葉を初めて知った。それはまさに、ここ数年漠然と描いていたカタチ。そして、イヤシロチ66(自然農体験グループ)の活動は、そんなことの一部だったんだなぁと、あらためて。

先日わたしの目の前に飛び込んできたのは、そのダーチャをカタチにし、千葉で活動されている造園家・「地球守」高田 宏臣さんによる士気山ダーチャ。WSの内容は、廃材で井戸を掘る作業とコスメづくりだったのだけど… 学びとしてはそれはもうほんの1ミリのことであって。

高田さんはスコップと鋸鎌ひとつで森を再生(循環)させられることを教えてくれる、大地のお医者さん。その自然への愛は、再生された自然環境豊かな空間のいろんなところに点在していて、すべての場所で風が通り、エネルギーが高く、ハエはもちろん蚊もほとんどいない。

水脈をさぐって、環境を壊すことなく作られた湧き水の出口。間伐材を使った小屋、五右衛門(ドラム缶)風呂、大地分解還元式のバイオトイレ、薪での炊飯、調理。

この半年間のイヤシロチ66 の活動で、ダイナミックな自然に実際に触れて体感し、さらに経過を観察し、目に見える変化と内なる感動を味わうことで、やっと真の理解が深まるものなんだなと痛感できたところに、そこがさらにリアルに生活に結びつけられる… いわば縄文時代の人々の暮らしをここでみた気がした。

1コミュニティに、1つの山。水脈。種。そしてそこに不可欠なのは、人の智慧と慈愛。貨幣なんてなんの意味ももたないんだなってこと。

目からウロコ… って簡単にいいたくないけど、まんをじして使います。そして、わたしのまわりにいる先人!?の、竹で籠をつくったり、ミツバチを育てたり、すでに自給生活に向かった家庭菜園を持たれていたり、羊を飼っていたり、草木染めをしていたり。そんな方々へのあらためての敬意とともに、だけど、そんな全てを覆してしまう大きなエネルギー… 国や政治や権力にも目を向けながら、バランスよく今を生きていかなければという思いが強まった。

いつかの、本当の「イヤシロチ66 」に向かって、いまの自分にできること… 「場」から生まれる「縁」。そんないろいろを、スピードアップでまとめていきたいと思う。

高田さんとのご縁のきっかけとなった、地球守さんの勤労奉仕のお弁当づくり… も、バナネイラという場があったことと、いろんな人とのご縁によるもの。これまでのすべてへの感謝と、未来への期待を込めて。

バナネイラから地球規模の…

バナネイラが一般的な飲食店と大きくちがうところは… メニューを考えてから材料を注文するのではなく、農薬や化学肥料をつかうかわりに、手塩をかけて野菜を育てていらっしゃる4人の方々が届けてくれる野菜に合わせて、毎日の料理を考えるところだと思う。

つまり… バナネイラにご来店される方は、自動的にこの素敵なみなさんの農業の応援をすることにつながる。たくさんの方が来店することで、バナネイラはこの方々からより多くの野菜を購入することができ、この先も安心して無農薬・無化学肥料栽培をつづけられる。

それがどんどん拡がって、パワー溢れる野菜をたべることで病気とは無縁になる人もどんどん増えて「あれ、なんかやっぱり、お肉は極力食べない方がいろいろいいんじゃない?」って気づく人が増えて、それが「100人目の猿現象」になった暁には、畜産の需要が減って、地球温暖化が食い止められて、かけがえのない資源も守られて、多くの動物の命が助けられて、地球のみんなが健康な身体を手に入れることができる!!

興奮してだいぶスケールの大きな話になったけど、カトウは鼻息荒く、真剣にそんなことを思っていたりします。

 

陰と陽

世界は陰と陽のバランスで出来ている。
男と女、昼と夜。
どちらかが欠けてしまえば、バランスが崩れる。

陰と陽はどちらが正しいとか間違えてるのかの善悪ではなく、その偏った考え方が分離を生み出してしまうんだと。

そして陰と陽は、調和することでバランスが整う。

こういう極端な思想で動く人がいるということは、もう片方にも逆の極端が存在しているということ。

分離して、対立して、どちらかを潰すという思想… 例えば、原発もそう。

そんなことが起こっていることにも、きっと大きな意味があって。こういうことが明るみになることで、今までなんにも考えないでいた人の、何かのスイッチが入るかも知れない。

どちらかに極端に寄せようとするのではなく… あらゆるものをひとつにするにはどうしたらよいか。価値観の尊重。エゴでも押しつけでもない、お互いに調和していくにはどうしたらよいかを考えていくことが、あらゆるところで必要なのだなと思う。

バナネイラはヴィーガンのお店ということで、まあ、極端なのだけど。いつか、焼肉やさんとヴィーガンのお店が半々くらいになった暁には、きっと、世界はいまとはちょっとだけ違うものになってるんじゃないかなぁ… それまで生きていられるかなぁ…